スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は、欲張りすぎだったのかもしれない

2011/04/02 23:12
今日の英語の問題も、鏡に映る自分の顔も、何故だか霞んで良く見えなかった。

こんばんはこんばんは。
そらです。




今日は何だか重くなりそうなので、苦手な人は、電源ボタンを、88回連打してください 笑

私、自分が思ってた以上に不器用で、欲張りだったのかもしれないと思ったついさっき。
最近、落ちる回数が減った代わりに、底辺がさらに深くなった気がする。
でも、そこから短期間で這い上がってくる術も知った。
大人になったな、俺 笑
お風呂に入ったときにみた自分の顔はまるで死んだ魚のような顔だったのに(笑)あがるときにはちゃんと笑えてた。
別に、自分の行く先に迷っているわけではないけれど、ふと卒業式の時に音楽の先生で部活の顧問で担任だった先生から(笑)言われた(てか後輩からもらった色紙に書いてあった)言葉を思い出した。
『音楽の世界は外から見た華やかさとはまるでちがう非常に厳しいものです。』みたいな。
現実的に考えて、今から私はそんな競争の世界に足を踏み入れるわけで。
今年は同輩の、オトモダチだけどライバルな人が4人もいるわけで。
私は何も出来ないんじゃないかと思ってしまう自分もいるわけで。
なのに、スカした顔して余裕とか言ってしまう自分がいるわけで。
全然自信なんてないのに。





私の部屋は、何だか特殊な造りで、お姉ちゃんの部屋とほぼつながってるんですよね。
1人になれる空間がトイレと(笑)お風呂しかないのよね 笑
だから、30分強の貴重なお風呂での1人の時間に色んな事を考えてみたんだけど、
途中で面倒くさくなってやめた 笑
それでいいんだ。
こんなダメな私を。
98%劣等感で出来てる私を。
いつか認めてくれる人が居たらいいんだ。
人生の途中で壁が無い人なんていない。
私は、母に何でも中途半端だといわれるし、勉強ができないから家族3人ともに1日の4割バカにされている気持ちなってるけど。
最後、おばあちゃんになってゴールにたどり着いたときに、何か一つ、何か誇れるものがあったらいい。


なんでもいいんだ。
なんとかなる。











だって私は今、笑えてるから。






うん、大丈夫だ。






明日も頑張れる。
















そら
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。